先物取引を行う

インターネットを利用した投資取引では、近年ではFXでの取引が良く利用されるようになり、これは世界中の通貨を利用しこれを銘柄とした投資取引になります。

日本に居ながらにして、世界中の通貨を使って投資を行うことになるのですが、この時には実際の通貨を利用しての取引は、それを入手することができないために難しいものになります。

例えば、株式投資では電子化はされていますが、実際の株券の数量を定めてこれの売買取引を行っており、これを現物取引と呼んでいます。
株式投資には、この現物投資に対して、実際の株券を使っての取引を行わず、証券会社から信用で株券を借り、その株券を利用して取引を行う信用取引というものがあります。

もちろん、何も無く信用はしてもらうことはできませんので、投資家は証券会社に対して信用をしてもらうための証拠として、金銭や有価証券を担保として預け入れることによって、こうした信用取引を行えるようになります。

このようにして、証拠金を預け入れることによって取引を行うことを証拠金取引と言い、外国の通貨を利用した投資取引であるFXは、日本語で外国為替証拠金取引とも呼ばれていることから、実際の通貨を利用した取引ではなく、証拠金を預け入れることによってこれを担保にし、FXを取り扱っている取引業者から売買取引を行う世界中の通貨を借りることによって、投資が成り立っているという金融商品になるのです。

先物取引は、株式や債券、通貨、エネルギー資源や商品といった原資産と呼ばれるものを利用し、その原資産の売買取引を行いますが、それを直接扱うのではなく、証拠金を預け入れることによって、現在の時点から、将来の一定の期日においてあらかじめ定めた価格で取引を行うことを約束する契約を行って取引を行うものになります。

原資産はそれぞれの市場において売買取引が行われているものであるために、その相場レートは常に変動をしています。
この事により、先物取引であらかじめの買い取引を行った場合には、将来的にその価格よりも相場のレートが高くなっていれば、その差額によって利益がでることになり、また、あらかじめの売り取引を行った場合には、将来的にその価格よりも相場のレートが低くなっていれば、同じように相場差益を手に入れる事ができるのです。

この先物取引を行う際には、原資産である株式や債券、原油などのエネルギー資源や、小麦やコーヒーなどの商品の原物を取引するわけではないために、わたしたち投資家は先物取引を取り扱っている証券会社や取引業者に対して証拠金を預け入れ、こうした取引を行うことができるようになるのです。